漢方薬「虚証」とは

「虚証」とは、漢方医学において、漢方薬を処方する際の大事な診断材料のひとつです。

スポンサードリンク

「証」には、大きく分けて3通りあり、虚証であるか実証かを診る「虚実」、陰証と陽証のどちらにあてはまるかを診断する「陰陽」、気・血・水です。
漢方薬は、患者さんの全身に作用して、不調を起こした患部ばかりでなく、連動してお互いに作用し合う他の部分に関しても、一度に改善をしていけます。

からだは、1つ1つがつながって成立しているので、一箇所が悪くなることによって、他にも悪影響があるのは、言うまでもありません。
冷え性でお腹に不調を訴えた人が、漢方薬を適切に処方されたら、治るのはお腹だけでなく、他の手足の冷えなども改善していけるというわけです。

「虚証」と診断される患者さんの特徴を、取り上げてみましょう。
漢方薬の処方が必要か、ご自分である程度の判断が付くかもしれません。

患者さんの特徴が、
スラっとしてか細い、柔らかい筋肉で薄弱、撫で肩、首がほっそりしている、体型がやせ型である、指が細め、腹壁が柔らかくて薄い、おへそが浅くて広め、顔のつくりがほそおもてで薄い、面長で細いあご、目が細くて疲労感がある、線が細い、声が低いか高い・細い・弱い・濁る・かすれがち・早口・口ごもった印象で不明瞭、歩調が弱々しい、胃腸が強くない、下痢がちか弛緩性便秘、甘いものが好き、疲れ安く回復しにくい、体を動かすのが面倒、抵抗力がない、リアクションが薄いかあり過ぎる、物静か、消極的、自己を否定しがちである。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

漢方薬を煎じてみよう
漢方薬は、1日飲む分を水から煎じる方法が、一番効果が出ます。 生薬を煎じる道具に......
漢方薬の服用法
漢方薬は、1日分に使う生薬を煎じて服用します。 薬がちゃんと効果を発揮するように......
漢方薬の「証」とは
漢方薬を処方される漢方医学の治療方針とは、患者さんの「証」をよく見極めることから......
漢方薬「実証」とは
漢方医学によって漢方薬を処方してもらう際には、「証」の診断が必要になります。 患......
漢方薬 虚証 実証 中間証
漢方医療の診察基準となる要素の一番目に、「虚証」「実証」「中間証」のどれに当ては......
健康保険のきく漢方薬
漢方薬が、厚生省(現厚生労働省)に健康保険の適用許可が下りたのは、昭和51年のこ......
漢方薬による副作用の症状
漢方薬は、化学・西洋薬の現代的なものとは違い、比較的穏やかな作用をもたらす薬品で......
漢方薬のせんじ薬とエキス製剤
漢方薬の飲み方とは、「せんじ薬」と「エキス製剤」の2通りがあります。 「せんじ薬......
漢方薬治療に向いた症状とは
漢方薬を取り入れている西洋医療機関は、年々増加傾向にあります。 漢方医学も西洋医......
漢方薬の「気・血・水」とは
漢方医学で治療をするには、その人の「証」を知ることから始まります。 「気・血・水......
漢方薬の「陰陽」
漢方医学の診断には、その患者さんの「証」を見極めて、診断をくだします。 漢方薬を......
漢方薬の風邪ぐすり
風邪をもたらすウィルスには、100以上の種類があるといわれています。 症状もまち......
高血圧症のための漢方薬
漢方薬は、高血圧症、低血圧症、動悸などの循環器系の病気に、一定の効果を発揮します......
漢方薬と西洋薬との併用
西洋薬を現在飲んで治療に当たっているという方でも、漢方薬も併用したいという場合は......
気管支炎の漢方薬
気管支炎とは、主に咳や痰などの症状をいいます。 咳が夜の就寝時に止まらなくなると......
頭痛にいい漢方薬
頭痛に効く漢方薬はと質問したら、何通りかの答えが返ってきます。 漢方薬を投与する......
神経痛に効く漢方薬
神経痛に処方される漢方薬は、痛みの起こっている箇所や原因、症状などで変わってきま......
めまいに効く漢方薬
めまいを漢方医学で診断するときには、「気・血・水」における異常が生じたと考えます......
糖尿病に効く漢方薬
糖尿病にかかっている人の数は、糖尿病予備軍も加えると、増加の一途をたどっているそ......
漢方薬を肥満症に伴う症状に
漢方薬が肥満症の手助けとなるのは、伴って発症した不調にです。 肥満症とは、中性脂......
漢方薬は夜尿症に効果的
漢方薬が、必ずしも全ての病気に適しているわけではありませんが、夜尿症にはとっても......

▲このページのトップへ