漢方薬は、動植物や鉱物といった、薬としての効き目を持つ「生薬(ショウヤク)」を、原料として調合されています。
西洋医学と違って、漢方薬は穏やかに作用していくこと、からだの一部分にではなく全体に効き目があるという点が特徴です。
漢方医学は、老人性疾患やアレルギー性疾患などという、慢性的な疾患に強い分野です。
漢方薬の配合や配分には、長い年月をかけての臨床経験により、体系化を実現させてきました。

スポンサードリンク

漢方薬

漢方治療に健康保険の適用を、厚生省(元厚生労働省)が許可したのは、昭和51年のことです。
漢方薬がや漢方治療が広まっていったのも、このころだということです。

大学病院や公立の病院においても、現在では多数が漢方治療を採用しています。
西洋の医療ばかりを長年扱ってきましたが、両方の良いところを上手に取り入れて、より効果的な治療が実現しています。

漢方治療は経験医学と言われていますが、近年漢方薬の科学的な見地からみた研究が進められており、現代医学の視点による裏付けもされてきています。
漢方薬の病気や症状に対する効き目が、人間の感覚的な部分ではなく、数値などで実証されていることは、東洋医学に馴染みのない方にも、信頼をもたらしてくれるでしょう。

漢方薬は、自然の成分から成り立っていますが、とはいえ西洋の薬品同様に、決して副作用がないわけではありません。
医師や薬剤師などの、専門的な知識を持つプロの判断の上、ぜひ健康に役立ててください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

漢方薬:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryou.f122.com/kanpou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。