骨粗鬆症(骨粗しょう症)は、骨が変化して容易に骨折しやすくなるばかりでなく、骨量も減少していき、骨からカルシウムが溶け出してもろくなってしまう病気です。
高齢に方々にとって骨折は寝たきりの原因となりますし、さらには痴呆の原因となってしまうので、非常に注意しないといけません。
特に女性のかたは注意が必要です。
女性の60歳台の半数、70歳台の女性に至っては約6割に骨粗鬆症(骨粗しょう症)が認められるそうです。

スポンサードリンク

骨粗鬆症(骨粗しょう症)

男性にくらべると女性はもともと骨量が少ないのに、閉経を過ぎると、ホルモンの変化によって骨量が急に減少するようです。
骨粗鬆症(骨粗しょう症)の患者さんは、今や500万人以上といわれるくらい、日本にいるといわれます。

ほかの多くの成人病(心臓病や高血圧、がん、それに肥満)と同様に、食事や運動などの生活習慣を、若いうちから見直して、予防していくことが骨粗鬆症(骨粗しょう症)においても大切ですね。
骨粗鬆症を招かないように、喫煙やお酒の飲みすぎ、運動不足や逆に運動のやりすぎ、過度なダイエット、女性においては生理不順を招くような生活は慎みましょう。

現在、骨粗鬆症(骨粗しょう症)の診断を成人病検診でおこなう場合が多いようです。
定期的な骨量の測定を40歳を過ぎたら、受けるようにするといいでしょう。

どのように骨粗鬆症(骨粗しょう症)の診断はおこなわれるのでしょうか?

主に次の方法が、骨粗鬆症の診断にはあります:

・X線・・・方法は骨梁の形状や骨の陰影の濃度から判定します。
・CTを利用する方法があります。
・方法はX線の吸収度やアイソトープで測定します。
・超音波を利用する方法があります。

なかでも「DXA法」と「QCT法」が特に骨量の正確な把握に有力です。

・「DXA法」・・・方法はX線の吸収度から測定します。
・「QCT法」・・・CTを利用する方法です。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

骨粗しょう症(骨粗鬆症) 予防と治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryou.f122.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。